Particulate Systems

Translate this page:

English 

 

微粒子システム用 MA-1040 Magnetic Analyzer (磁力分析器) は、試料材料内のごく低レベルの金属鉄含有物を検知し測定します。電線の絶縁体を造るために作られる光ファイバーやプラスチックのような製品の中に使われている超高純度なガラスであろうと、原材料内の金属鉄含有物を知ることは最終段階の製品の品質を管理する上でとても重要です。

最初の MA シリーズ Magnetic Analyzer は、脱穀産業で表明されたニーズを満たすために開発されました。その脱穀産業ではまず初め、原材料内に含まれている金属鉄の分量を検知し数値化することのできる、感受性が高く正確な計測器を必要としていました。脱穀産業ではまた、簡単に使えて、生産地域の苛酷な環境に耐えることのできる装置も必要としていました。

 

それ以降、 MA  シリーズ Magnetic Analyzers 多くの改良をすでに加えられており、それらの改良は旧式が持っていた以上の非常に高い感受性 ( ~0.0001% までの磁性含蓄物を感知します ) も含まれています。精度も向上し、設置面積もさらに小さくなり、そして多くの使い易い特性を備えました。微粒子システム用 MA-1040 Magnetic Analyzer は、現代電子工学が組み込まれ、 0.1 parts-per-million (ppm) の解析度とワイドダイナミックレンジ、低燃費を特長としています。その他の改良点は、機械的なピックアップ(マイクロフォニック雑音)の削減やコイル内のミュラー金属のシールドなどが含まれます。

応用分野も広がりました。今日では、 MA-1040 は、食品や高価な宝石類、調合薬、またはその他の物質内の極めて少量レベルの金属鉄を探知する場合にもご利用頂けます。業界の高支持の印として、 MA-1040 American National Standards Institute ANSI (米国規格協会、アンシ) Abrasive Grain Association (脱穀協会)の公報で紹介されました

 

特長

 

MA-1040 Magnetic Analyzer は、二つのエアー・コイルを利用し、一つは基準として、もう一つは主に分析用の試料物質を受け取る役目をしています。 50 or 60 Hz の迷走する線電流 輻射電界 は、産業界においてその製品における干渉可能性として常に存在しますが、コイルは、これを排斥するために奇周波数や、交流電圧 (~83 Hz) で通電されています。試料内に磁力物質が存在すると、その結果二つのコイル間の共鳴不均衡が生じますが、その不均衡はどんなものであってでも、信号で伝えられます。同期検波の後、信号は磁力含有率として電気的に表示されます。 MA-1040 Magnetic Analyzer のコンポーネントは全て、電気制御と計器を保護する目的で特にデザインされている小さなアルミニウムモジュール内に収納されています。コントロール部分は外装の上端に設置され、非常に見やすく、かつ使いやすくなっています。例外的なのは電源とシリアルポートで、側面に取り付けられています。

操作はシンプルで分かりやすくなっています。試料はその重さを入力され、パネル内の開口部を経由して試料コイルに落とされ、その結果がデジタルで読み出しされます。

更なる情報が必要な方は、次のウェブサイトをご覧ください。